ケルテス先生

b0079764_23462355.jpg


高校生の時、図書館で初めてアンドレ・ケルテスによるフォークとお皿の写真を見た。
それまでは、写真といえば人間ドラマとか風光明媚な風景とかを写すものだと思っていたので、
フォークとお皿が写真になることに驚いた。
しかも1928年に撮影されたというのに古さを感じさせない。
写真にもデザイン的な表現ができるとその時初めて知った。
[PR]
by starblog | 2007-01-14 00:01 | 写真集など
<< \\\\\あか///// 渋谷でイカすオレンジ馬 >>