GR DIGITAL イベント

b0079764_2053257.jpg





横浜美術館でリコーのカメライベントが開催されたので行ってきました。

100人の文化人(?)がリコーのGRデジタルまたはGX100で撮影した写真の展示と
新しくなったGR DIGITALⅡのタッチアンドトライができます。


GR DIGITALは広角でもゆがみのない写真の撮れるコンパクトカメラで、
私も時々使用します。
そのニューモデル、GR DIGITALⅡは見た目はほとんど変わっていません。
いまどきこれは凄いことです。
(中身はほとんど同じで外見だけ変えてもっと売ろうとするような製品が多い)

私が気になっていた部分の感想を箇条書きにメモしておきます。

・電源on,off時のレンズ出入りの音はそれほど静かにはなっていないようだ。
・フォーカスの時の音は静かになっているような気がした。
・フォーカスの方式が変わったということだけど、AF速度はそれほど変化がないようだ。
・液晶が斜めからでも見やすくなっている。
(晴天のの屋外ではどうなんだろう。室内の展示だったので確認できず)
・新しく搭載されたデジタル水準器はスムーズに動く。
(けど、これを気にしているとシャッターチャンスを逃しそう)

そのほかにも、変わらない外見とは違って、細かな変更が加えられています。
(細かいところはリコーのGRブログを参照)

外側を変えずに中身を良くしていくというスタイルは
昔のフォルクスワーゲン・ビートルを思い出しました。
b0079764_21281992.jpg


同時開催の写真展の方はカメラが同じでもいろんな表現があって面白いとおもいました。
[PR]
by starblog | 2007-11-03 20:51 | 写真集など
<< ポリポリス 3コマ写真 >>